p-vintage-vinyl-house
studio germany

 

 

 

p-vintage-vinyl-house
studio germany

 

 

 

p-vintage-vinyl-house
studio germany

 

 

 

p-vintage-vinyl-house
studio japan

 

 

p-vintage-vinyl-house
studio japan

 

 

experience

2000 年の設立以来、フリッツ・フレンクラーとそのデザインチームは製品デザインを中心にインターフェースから建築、グラフィックデザインに至るまで幅広い分野においてデザイン業務に携わっています。

また、多くの大手メーカーに向けてデザイン戦略やコーポレートデザインに関するコンサルタントを実施しています。

team

f/p design では、11名のプロダクトデザイナーとデザインエンジニアが1つのチームとなって、ドイツ本社と日本スタジオで勤務しています。また、建築家、エンジニア、デザインモデラー、フォトグラファーとの幅広いネットワークを活かしてデザイン業務を行っています。

awards

f/p design は事務所の設立以降、61のデザイン賞を受賞しており、その中にはグッドデザイン賞の金賞、ドイツデザイン賞の金賞、ドイツデザイナークラブ(DDC)デザイン賞の金賞、さらにiFデザイン賞の金賞などが含まれます。

受賞例 (抜粋、順不同):

グッドデザイン賞 (日本)

ドイツデザイン賞 (ドイツ)

iFプロダクトデザイン賞 (ドイツ)

iFコミュニケーションデザイン賞 (ドイツ)

レッドドットデザイン賞 (ドイツ)

ユニバーサルデザイン賞 (ドイツ)

DDCデザイン賞 (ドイツ)

ネオコン最優秀賞 (アメリカ)

シカゴアテネウム グッドデザイン賞 (アメリカ)

fritz
frenkler

fritz frenkler

 

フリッツ・フレンクラーは、ドイツのブラウンシュヴァイク造形美術大学の工業デザインコースを卒業後、ドイツとアメリカのフロッグデザインにてデザイナーとしての活動を始めました。1986年には東京を拠点としたフロッグデザインアジアの設立に携わり、その代表に就任しました。
1992 年から1999年の間の7 年間は、ヴィーゲウィクルハーンの代表となり、その後ドイツ鉄道株式会社のデザインセンター長、 ドイツ鉄道のコミュニケーションデザインを統括する deutsche bahn medien gmbh の代表を歴任しました。

現在は f/p designの業務に加え、インターナショナルフォーラムデザインハノーバー(iF)の役員、iFプロダクトデザイン賞の審査委員長、モントリオールのwdo (旧団体名: icsid) の地域アドバイザー、ベルリン芸術アカデミーにおける建築部門の理事も務めています。また、2005年よりブラウンシュヴァイク造形美術大学の工業デザインコース名誉教授、2006年からはミュンヘン工科大学の建築学部工業デザイン学科の修士および博士課程にて教授を務めています。